構造

ご家族と我が家の資産価値を守る、耐震性・耐久性を備えた邸宅性能です。

基礎構造

地表から強固な支持層まで杭を打ち込み、建物の躯体をしっかりと安全に支えます。

かぶり厚さ

コンクリートの表面から鉄筋までの距離を大きくすることで、コンクリートの中性化が鉄筋に到達するまでの年月を長くします。

コンクリート強度

建物躯体コンクリートは1㎥あたり約2,700~3,600トンの圧力に耐えられるコンクリートを使用。耐用年数は約65~100年。

水セメント比

コンクリートの配合におけるセメント量に対して、加える水の比率を55%以下に抑えることで高い耐久性を実現。
※天候や季節により若干数値が変わる場合があります。

二重壁構造

室内側に断熱材と石膏ボードを配した二重壁工法を採用。断熱材と空気層を設けた二重構造で保温性を高めます。

ダブル配筋の採用

網目状に組んだ鉄筋を二重に配したダブル配筋を採用。シングル配筋に比べ高い構造強度が得られます。※一部を除く

断熱構造

外壁に内断熱、屋根に外断熱を施工。外気や日射の影響を軽減し、建物の劣化軽減に努めます。また冷暖房効果を高め、省エネルギーにも貢献します。

ボイドスラブ・二重天井・二重床

床のコンクリートスラブは厚さ約275・300㎜のボイドスラブを採用。また、二重床・二重天井を採用し、メンテナンスやリフォームにも対応しやすくなっています。

パイプスペース

パイプスペース内の配管は排水音を軽減するため、グラスウールと遮音シートを用いました。

耐震型玄関ドア枠

地震の揺れによる外圧を吸収し、変形を抑える耐震枠付玄関ドア。万一地震が起きても、住戸内に閉じ込められにくい仕様です。

T-1サッシ

各居室の窓には、遮音性能がT-1等級のサッシを採用しています。外部からの騒音レベルを軽減させることで、快適な生活環境を確保します。

複層ガラス標準装備

2枚のガラスの間にある空気層のおかげで冷・暖房負荷を軽減。家計にもエコにも貢献!

シックハウス対策

健康に配慮した素材を厳選。フローリングや建具・壁紙の接着剤等には、シックハウス対策のFフォースターを使用しています。

省エネルギー対策

建物の断熱性能に関する基準である、省エネルギー対策等級の最高ランクである4を取得。省エネ効果に優れ、冷暖房費を軽減できます。

【フラット35】S適合マンション

省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性・耐久性、可変性などに優れた住宅に適用される、住宅金融支援機構の『フラット35』S(優良住宅取得支援制度)の優遇措置が受けられます。 ※適用には期限がございます。

Copyright © 2016 Nishi-Nippon Railroad Co.,Ltd. All Rights Reserved.

TOP